Grow With You.

総合不動産管理にもっとも大切なのは「人財」です。
世界中に“しあわせ『感』理”を展開し、多くのお客様に喜んでいただきたい。
イノベーションでお客様の日常を、より安心・安全で、豊かな住生活にしたい。
それを実現するのは、同じ想いをもった「人財」です。
あなたの成長と共に私たちも成長していきたい。それが、私たちの願いです。

Grow In The World.Grow In The World. あなぶきハウジングサービス
×世界
日本品質の住まいから生まれるしあわせを世界に広げていきたいという想いから、
海外事業にも力を入れています。

マンション管理の大切さを伝えたい。
その想いが海を越えた

当社では2012年、初めての海外進出として台湾に展開しました。当社が台湾に進出したのは、何よりも「マンション管理の大切さ」を伝えるという使命にも似た想いがあったから。日本の分譲マンションでは修繕積立金などを計画的に積立て、そのお金をもとに建物を修繕し、マンションという資産の価値や建物の安全を維持していく、という考え方が一般的ですが、台湾ではまだまだその考え方が広まっておらず、築年数の増加とともに、資産価値が下がったり、マンションに暮らす方々や地域に住む方々が危険になっている物件が少なくありません。
台湾に暮らす方々が求める高品質のサービスと、日本のマンション管理を広め、より安全で快適な住生活を実現したい。当社の考え方に共感していただけるお客様は確実に増えています。

ベトナムのマンション管理の
スタンダードを創る。

我々の海外進出2か国目はベトナム。技能実習生の面接を行うために、ベトナムのホーチミンを訪れた私たちは、大きなクレーンが乱立し、次々とマンションが建設されている街の活気に圧倒されました。
ここからこの街は、人口が増え、かつて日本が経験したようにマンションなどの集合形式の住宅が増えていく。しかし、まだまだ法整備も含め、マンション管理の重要性が知られていない。
ベトナムをはじめ、経済成長とともに不動産開発が続くアジア諸国に、日本が経験し積み上げてきたマンション管理の大切さ、ノウハウを伝え、マンション管理のスタンダードを創っていきたい。そんな想いからベトナムへの進出を決意しました。
ベトナムへの進出は、単に事業の拡大だけではなく、技能実習生や留学生が帰国した際の雇用創出の効果や、海外での経験が日本国内でのサービスにイノベーションを起こすとも期待できます。
2019年12月にはミャンマーでヤンゴン支店も開設。まだまだ「しあわせ管理」を実現するフィールドは増え続けています。