“しあわせ『感』理” あなぶきハウジングサービス 採用サイト

ホーム > 新卒採用 > 社員インタビュー > 新卒2008年入社 分譲管理事業部

社員インタビュー 建物の個性をつかみ、長く住むための維持管理を提案 新卒2008年入社 分譲管理事業部

プロフィール

新卒であなぶきハウジングサービスに入社し3年後、一度退社して学生の頃から興味があった美容業界へエステティシャンとして転職。一年半後、平成24年にキャリア採用であなぶきハウジングサービスへ再就職。
趣味 / ジム 好きな言葉 / 日々是前進

業務のイメージ写真

MISSION

私なりの誠実さと率直さを貫き、信頼を得る喜び

10棟ほどのマンションの管理や修繕をサポートしています。管理組合の理事会や総会で決算報告や修繕の提案を行うのですが、建物それぞれに歴史や個性があり同時進行でさまざまな提案を行います。担当した築20年余りの棟にはプレイランドがあり幼児向けのジャングルジムが残っていました。シニア世代ばかりになり古く危険な状態。そこで過去の議事録すべてを確認した上で撤去と跡地活用を提案しました。ほかにも日々、マンションを巡回して管理員さんの話を聞きます。一方、当社のコールセンターは24時間、ご意見をうかがっています。自社でこうしたコールセンターを持ち、入居者のさまざまなご意見を集約できるのが、他社にはない強みです。
契約書にあるなしにかかわらず、とりあえず私はドライバーを持って現場に行ってみる。何でも屋ですね。いろいろやってだめなら業者を呼ぶ。あれこれ頭で考えて仕事に限界を作りたくないんです。大規模修繕では何千万円という工事を途中から担当したこともあります。追加工事が必要とわかったのに、総会の同意が取れてない。荒れて泣きたくなるような総会の場で理事長が「こんなに誠実にやってくれている人の声が聞けないの」と場を納めてくれました。誠実に、率直にとの思いだけでやってきたその時、本当に「良かった」と思いました。

業務のイメージ写真

VALUE

お客様の信頼を得て増え続ける管理物件

信頼だけが頼りの仕事なので、お客様の「あの子、女の子」が名前で呼ばれるようになり、「あなたが言うんだから」と言われて初めて一人前。逆に「あの人の言葉は絶対信用できない」と言われるケースもあります。商品ではなく、信頼で成り立つサービスです。営業現場だけでなく当社のコールセンターもきちんと対応し、現場と連携してくれます。ここまできちんとしたサービス体制が確立されているから、管理物件が解約になるケースはほとんどありません。当社に管理を変更していただける物件もあるので、管理するマンションの総数は毎年着実に増えています。人との信頼、ヒューマンパワーが何よりも誇れる会社だと思っています。

MIND

こんな私を? うれしかった会社の再就職支援

美容業界への思いが断ちきれず一度、転職しました。しかし体力が続かず再び職探しをしていた時に、元上司が声をかけてくれたんです。「いいんですか?」の声がトップにまで届き、面接したうえでキャリア採用が決まりました。信頼できる同僚がいっぱいいたからこそ、当社にもう一度、戻ってくることができました。福山に転勤した時のチームは3人でした。一人が落ち込めば、すぐ分かります。だからすぐに声をかける。そんな関係は高松でも変わりません。 この仕事に向いているのは「自分に限界をつくらない人」。臨機応変、柔軟に対応できることが大切で、営業のための「型」はないと思います。「無理です」と答えるまえに「やってみます」と言える姿勢。誠意が通じればお客様との長い信頼関係が生まれると思います。

今後のビジョン

実は結婚が決まったのですが、この仕事を続けたいと思っています。幸い会社にはフレックス制度が設けられていて、家事をしながら仕事を続けられる環境が整っています。先輩には主婦の方もたくさんいて、時間帯や働き方をあれこれ調整しています。私も仕事と家庭を両立させながら後輩たちのいいロールモデルになりたいと思います。

みなさんへメッセージ

「就職氷河期」と呼ばれた時に採用が決まりました。この業界を目指していたわけではありません。そんな私にできるアドバイスは「職歴や経験を活かすことができる」会社だということ。私の周囲にいる社員も、前職はばらばらですが、それぞれの長所を活かしてがんばっています。そして管理会社の物件がある限り絶対になくならない、と言えます。「将来の不安がなく、安心して長く働き続けたい」という方にもお勧めできます。

その他の社員インタビュー

キャリア採用向け社員インタビュー

ページトップへ戻る