“しあわせ『感』理” あなぶきハウジングサービス 採用サイト

ホーム > 新卒採用 > 社員インタビュー > 新卒2013年入社 分譲管理事業部

社員インタビュー 念願の分譲部門を担当、早く主体性生かし成果を出したい 新卒2013年入社 分譲管理事業部

プロフィール

賃貸での働きぶりを評価され、入社当時希望していた分譲事業部に異動
趣味 / フットサル 好きな言葉 / 何事も前向きに

業務のイメージ写真

MISSION

「住」が暮らしを支えている自覚と責任忘れずに

フロントを担当して1年になります。マンションの共有部分を管理する部門ですが覚えることが多くて、毎日が勉強の身です。知識が無いからこそ、担当するマンションにどんどん顔を出し、お客様の声を聞くよう努めています。先日も1階に入居している方から「雨が降ると専有庭が池のようになる。怖い」との声が届きました。管理組合の理事の方々に状況を説明、意見を調整しながら合意を頂いてリフォームにこぎつけました。きちんと手順を踏んで結果を出せたこと、入居者の方に喜ばれたことがうれしかったです。賃貸部門を担当していた時に比べて、スケジュール帳を活用するようになりました。お客様と長くかかわる仕事ですからスケジュールの管理が第一。さらに長期的なスパンで目標と取り組むようになったからだと思います。「衣食住」という人が生活する基本の一つの「住」を担当している、その自覚と責任を忘れずに力を蓄えてゆこうと思っています。

業務のイメージ写真

VALUE

総会は1年間の総決算、契約更新へ全力でがんばる

担当するマンションで年1回、管理組合の総会があります。これこそ私たちの仕事ぶりが問われる「総決算」。契約更新が承認されてようやく安心できます。当社の管理費は他社に比べて決して安くはありません。それでもサービス内容には自信があり、お客様の声にもしっかり耳を傾けているつもりです。契約更新はこうした仕事ぶりを総合的に認めていただいた証(あかし)、と考えています。先輩は私に比べて知識が豊かで顧客対応もスピーディー。当社のサービス内容について私はもっともっと勉強が必要だと痛感しています。そんな私にできることとして、朝は一番に出社して先輩のデスク掃除やトイレ掃除を担当。緊張感をもって先輩のアドバイスを受けるようにしています。ただ仕事以外でのオンとオフの切り替えも大切。仕事の悩みをひきずらないよう毎朝、新しい気持ちで職場に向かっています。

業務のイメージ写真

MIND

主体性求める当社の「4つの感」に共感

福岡の就職説明会で当社と出会いました。感性、感動、共感、感謝という「4つの感」を企業理念とする当社の説明にひかれ、エントリーしました。当社がひとりひとりの「主体性」を大切にしているところにも共感しています。実際に入社して、社内の雰囲気がとてもいいことに驚きました。和気あいあいとしていて、年齢が離れた先輩ともフレンドリーに話ができます。仕事帰りに同僚や先輩とフットサルやボウリングに行ったりもします。また当社はいいアイデアがあれば積極的に取り入れる風土があります。私はまだまだ勉強中の身ですが、恵まれた環境の中から主体性を活かした提案を出したいと思っています。

今後のビジョン

私の所属する支店には、スタッフがたくさんいます。専門知識が豊富な先輩から、いろいろなことが学べます。私は入社当時から分譲部門が希望でしたから、今はもっともっと学びたい。どんな場合にも自信をもって接客できることが目標です。3年目を迎えて後輩も入ってきますから手本を示さなければ、という点も自覚しているつもりです。

みなさんへメッセージ

人まかせでなく主体性が求められる会社です。管理サービスではお客様に新しい提案をする場面も多い。「やります」「やりたい」と前向きにがんばれる方はぜひ、エントリーしてみてください。私は学生のころからマンション管理部門を志望していました。管理業はストックビジネスなので、経営が安定していることもこの業界の強みだと思います。

その他の社員インタビュー

キャリア採用向け社員インタビュー

ページトップへ戻る