“しあわせ『感』理” あなぶきハウジングサービス 採用サイト

ホーム > Episode4

Episode4 なぜ、アジアへ進出をするのか

もちろん、経済的に急成長を遂げているアジア各国への進出は、
あなぶきハウジングサービスの更なる成長のためには不可欠なこと。

でも、私たちにはアジアへ進出するもっと大切な理由があります。
それは「マンション管理の大切さ」を伝えたいという想いです。

まずアジア諸国の中でも親日国である台湾への進出を決めました。
今、台湾にはメンテナンスのことを考えていない設計のマンションが多く存在しています。
例えば、電球を変えるのに高所作業車が必要な設計、
換気扇の掃除に足場がいるような設計。

また,台湾の多くの建物は、警備が8割、管理が2割という考えが多いのが現実です。
建物すべての入り口に警備員を配置するような警備体制で、
人的資源を費やしすぎて、将来の修繕に備えた積み立てもできていないような状態になっています。

今の台湾は、このような無駄の多い管理から、
リノベーションやメンテナンスを大切にした
安心としあわせを感じることのできるマンション管理へと
変わっていく必要があると強く感じました。

初めての海外進出は、赴任する人員への説明や、現地の人財採用など、
たくさんの困難にも直面しました。
それでも台湾進出をあきらめなかったのは、
「台湾のマンションで暮らす人たちにもっと安心としあわせを提供したい」と思ったからです。

あなぶきハウジングサービスがこれまで行ってきた“しあわせ『感』理”のノウハウを携えて
「マンションは"管理"を買う」という考え方に表れるマンション管理の大切さを伝えることで、
台湾の人たちの住まいに対する考え方にイノベーションを起こし、
台湾の人たちをしあわせにしたい。
台湾にも、私たちの考え方に賛同してくれる協力者が増えつつあります。

まずは台湾へ、そしてアジア各国へ!
私たちの“しあわせ『感』理”を広げていきたいと思います。

  • Episode1 なぜ、コールセンターをはじめたのか
  • Episode2 なぜ、PMアカデミーを設立したのか
  • Episode3 なぜ、イベント企画をするのか
ページトップへ戻る