“しあわせ『感』理” あなぶきハウジングサービス 採用サイト

ホーム > Episode3

Episode3 なぜ、イベント企画をするのか

あなぶきハウジングサービスでは、
すべての担当者がマンションごとに楽しい企画をたてて、
入居者全員に参加いただけるイベントを開催しています。

はじまりは入居者の方の「担当者の顔が見えない」という声でした。
担当者は、マンション入居者を代表する理事の方とはコミュニケーションがあっても、
入居者の方お一人お一人と接する機会はあまりありません。

私たちがモットーとしているお客様起点という感性は、
マンションの入居者の生活や生の声を知ることで養われます。
だからもっと入居者の皆さんとコミュニケーションをとる必要があると思い到りました。

そこで生まれたのが、「イベント」を企画する、ということでした。
小さいお子さんの多いマンションでは、
クリスマス会を開催したり、
ときにはマジシャンを呼んで子ども達と一緒に楽しんだり。
今ではこのイベントを毎年楽しみにしている子供たちがたくさんいます。
そして、このイベントはマンション内の良好なコミュニティを形成するためにも
大切な存在となっているのです。

そして、最近ではこれが進化し、
地域コミュニティの発展に繋がるケースがでてきました。
たとえば、香川県のとある地区。
ここで行われる夏祭りのイベントには、
マンションの方だけではなく、町内の皆さんも参加されています。
昨年も、あなぶきハウジングサービスが出展した綿菓子が、
800個も売れるほどの賑わいでした。
この地区では、マンション入居者と戸建の方との交流を、イベントが繋げているのです。

今後、戸建てとマンションが一体になった地域コミュニティは、
高齢化社会において、とても重要です。
特に災害時などは、地域コミュニティの存在は、人命救助の観点からも必要不可欠なもの。
マンションの入居者と地域の住人の橋渡しを管理会社が仲介役となって担うことも
これからの社会において必要になっていくかもしれません。

地域コミュニティに寄与するイベント開催は、
あなぶきハウジングサービスが「地域に生かされ、生きる」という理念のもと、
時代を先行して行っている大切な活動の一つです。

  • Episode1 なぜ、コールセンターをはじめたのか
  • Episode2 なぜ、PMアカデミーを設立したのか
  • Episode4 なぜ、アジアへ進出をするのか
ページトップへ戻る