“しあわせ『感』理” あなぶきハウジングサービス 採用サイト

ホーム > トップインタビュー

トップインタビュー “しあわせ『感』理”をマンション管理業界のスタンダードへ!正解がない。限界がない。すべてはあなた次第。そこに、この仕事の面白さがある。 新宮章弘

 

インタビューに答える新宮章弘の写真

【描く未来】私たちの培ったマンション管理ノウハウをアジアへ浸透させ、イノベーションを起こす!

経済的に急成長を遂げているアジア各国への進出は当社にとって重要なミッションです。そして、当社は先駆けて台湾へ進出しました。台湾は戸建てが少なくマンションで暮らす方がほとんどです。しかし、マンション管理の考え方はまだまだ遅れています。メンテナンスを考えていない杜撰な設計、無駄の多い管理体制、修繕に備えた積み立て金不足など、将来を考えた管理は残念ながらなされていません。台湾をはじめとしたアジア各国のマンションにこれから必要なのは、スクラップアンドビルドの考え方ではなく、長く快適に住み続けるためのリノベーションやメンテナンスといった《マンション管理ノウハウ》だと私は強く感じています。それはまさに当社が今まで築き上げてきた“しあわせ『感』理”そのものです。アジア各国のマンションで暮らす人たちに、もっと安心と幸せを提供し、住まいという考え方にイノベーションを起こしたい。“しあわせ『感』理”をマンション管理業界のスタンダードにしていきたい。それが当社の描く未来です。
そんな中、「自分も海外進出に積極的に関わりたい」「海外赴任を希望する」といった社員の声を多く耳にするようになったことは、頼もしい限りです。私たちは違う国に"マンション管理"という新しい価値を提供しようとしています。それは簡単なことではありませんが、新しいことにチャレンジするわくわく感があります。これから広い視野でアジアを舞台に活躍してくれる上昇志向の強いフレッシュな人財を求めています。あなたが将来、当社の新時代の戦力となってくれることを期待しています。

【仕事の魅力】この仕事には正解がない。だから面白い。機械化できない、「人」が「人」をしあわせにする仕事。

インタビューに答える新宮章弘の写真

“マンション管理”と言われても正直何をする仕事なのか分からない、という人も多くいると思います。実際「どんな仕事ですか」と聞かれても、一言で答えることのできない仕事です。私たちが目指すマンション管理とは単に建物を管理するのではなく、お客様の住生活において現在のみならず将来にわたってしあわせを感じて頂くことです。いうなれば「マンションで暮らす全ての人が安心して快適に暮らすためのお手伝いならば、全て私たちの仕事」ということです。それを私たちは"しあわせ『感』理"と呼んでいます。“しあわせ『感』理”には正解はありません。そして限界もありません。なぜなら、時代に合わせて“しあわせ『感』理”も進化をしていくからです。例えば、そろそろシニア世代を迎えようとしているマンション入居者の快適な暮らしを支え続けるために、どのような提案ができるでしょうか。私たちは、高齢者疑似体験スーツを着てリアルに室内を体感しながら将来のマンションのリノベーションを考えてもらうフロアをPMアカデミーにつくり、実際に体感することでシニア世代になる前にしっかりと考えられた改装を提案するようにしました。
「人」の幸せを願って何ができるか考える、それは永遠に機械化できない仕事です。機械化が進む時代だからこそ、人と人との繋がりを大切にするこの仕事には意味があります。“しあわせ『感』理”の源泉は「人」です。だから、正解がない。限界がない。すべてはあなた次第。そこに、この仕事の面白さがあるのです。

新宮章弘の写真

【求める人財】「ついつい誰かのために頑張ってしまう。」そんなあなたの性格が最大の武器となる会社!

“しあわせ『感』理”は私たちがお客様以上にお客様のことを考えることから始まります。言うなれば、お客様になりかわって、お客様自身も気がついていないことに「気づく」ということです。その感性の根本には「目の前に困っている人がいたらすぐに助ける」「人の役に立つことを幸せに感じる」ということが必要です。 私自身も、困っている人がいたら放っておけない性格です。昔、大晦日に担当していたマンションの賃貸オーナー様から「マンションの廊下で人が倒れている!」と自宅に電話がかかってきたことがありました。当時は携帯がありませんでしたからね。私は除夜の鐘のなる中、怪我などをされていたらいけないと思いタオルなどを抱え、すぐさまそのマンションに駆けつけました。実際は、酔った入居者さんが寝てしまっていただけで安心したのですが、その後その方を介抱して、マンションの汚れた廊下を掃除して帰りました。連絡をして来られた賃貸オーナー様は、そのあと何年も「あのときは本当に助かった」と話してくれます。
効率的なことばかりを考えるのではなく「目の前にいる人の幸せを考える」ことから私たちの目指す“しあわせ『感』理”は生まれます。不動産業に関する知識や、職種に対する自信よりも、大切なのはあなたの「誰かのためについつい頑張ってしまう」気持ちです。当社にとって「人」は財産であり、最大の強みです。誰かのために頑張れる、気が利く、世話好き、そんな人に向いている仕事だと思います。

ページトップへ戻る