“しあわせ『感』理” あなぶきハウジングサービス 採用サイト

ホーム > キャリア採用 > 社員インタビュー > キャリア採用2008年入社 分譲管理事業部

社員インタビュー 管理組合の本音を聞き、入居者の「お城」を長く守る キャリア採用2008年入社 分譲管理事業部

プロフィール

香川県の繊維商社から、知人の紹介であなぶきハウジングサービスに入社。
以来、分譲管理事業部に勤務。
趣味 / ロードバイク 好きな言葉 / 意思あるところに道はできる

業務のイメージ写真

MISSION

マンション管理に欠かせない「自分が商品」という思い

担当は各マンション管理組合への営業です。部屋はそれぞれ入居者の専有部分ですが、エレベーターや集会室、階段などはすべて共有スペース。ここは管理組合が受け持ちます。営業担当は管理組合の理事会や総会の開催準備、修繕工事の提案、建物内外の点検、会計処理のサポートなどあらゆる部分を担当します。商品を「売る」のでなく、管理組合への提案や点検がメインとなるので、まさに「自分が商品」です。
理事会や総会ではメンバーが入れ替わることがあり、マンションを長く維持するための修繕やサービス内容を理解いただく必要があります。全員が「賛成」とは限りません。価値観の違いから管理組合の中で意見が衝突することもあります。そんな時こそ私は本音でお話しするよう努めています。どんなに意見は違っても「マンションをよくしたい」という思いは同じですから。
みんなが一つにまとまるためにも大切なのは入居者のコミュニティ。私が担当するあるマンションでは毎年、お子様向けの懇親会を開いています。「楽しみにしてますよ」と声をかけられ、うれしかったですね。

業務のイメージ写真

VALUE

住まいを守る基本はコミュニティづくり

建物がある限り、私たちの仕事は続きます。マンションの資産価値を新築同様に長く保つことが使命ですから。そのためには何よりもマンション入居者のコミュニティ形成が求められます。私は今、10棟を担当していますが、担当しているマンションでは入居者にエントランスに集まっていただき毎年子ども向けの懇親会を開いています。ビンゴゲームから始めて4年目の今年はマジックショー。入居者の交流は、快適なマンション生活に欠かせない要素だからです。信頼関係が深まることで「マンションをよくしたい」の思いも、さらに強くなると思っています。

業務のイメージ写真

MIND

チーム6人の総合力が売り、明るく楽しく

仕事の内容は、決して楽ではありません。むしろハードなことの方が多い。お客様に喜んでいただけることもあれば、逆に厳しい意見をいただくこともあります。そんな厳しさをすべて忘れさせてくれるほど、今の会社は明るくて楽しい。「会社が楽しい」というのは、あなぶきハウジングサービスの大きな強みだと思います。私の所属する支店は、庶務さん含めて9人のチームです。担当営業ごとに独立して仕事をすることが多いように思われますが、実はチームの連携が基本。こうした体制がしっかり整っているのも、あなぶきハウジングサービスの特長だと思います。メンバーはそれぞれの仕事の進行状況を理解し、何かあればすぐ助け合います。チームプレーを大切にしたい人にも向いている職場だと思います。

今後のビジョン

入社してからチームの皆さんに支えられながら、ここまで来ました。そんな私も年齢的には後輩を支える立場になりました。人とのお付き合いが基本の仕事ですから入社以来、7年間の経験をチームの仲間に伝えてゆきたい。そして、これまでかかわった大切なお客様とはお手紙などで連絡を取りながら、これからも長くお付き合いさせていただきたいと思っています。

みなさんへメッセージ

人とのかかわりを大切にしたい方に向いている仕事だと思います。長くお付き合いし、お客様と信頼関係が築けて初めて成り立つ仕事ですから。そして頑張れば、頑張った分だけお客様から感謝されます。住まいはアプローチが広く、過去の職歴やスキルに関係なくこの仕事に入れると思います。異業種出身の方でも、自分がかかわった分野の経験や能力を活かせます。チームの一員に加わって一緒にがんばってみませんか。

その他の社員インタビュー

新卒向け社員インタビュー

ページトップへ戻る