“しあわせ『感』理” あなぶきハウジングサービス 採用サイト

ホーム > キャリア採用 > 社員インタビュー > キャリア採用2006年入社 開発事業部 部長

社員インタビュー 満足から感動へ、期待上回る管理サービスを提供したい キャリア採用2006年入社 開発事業部 部長

プロフィール

旅行会社の営業を経て、あなぶきハウジングサービスに転職。
広島支店の分譲管理事業部に配属。そこから開発営業部などを経験し、現在は九州で分譲管理事業に携わる。
趣味 / 旅行 好きな言葉 / 感謝

業務のイメージ写真

MISSION

料金、サービス、対応すべての不満を受け止める

管理会社の受託営業を担当しています。他社から変更していただく場合と、新規物件を獲得する場合があります。営業、という立場ですが、日々の仕事の多くは困り事の解決相談から始まります。「料金が高い。サービスが悪い。対応が遅い」。管理組合の理事の方が抱える悩みです。まずは困り事の中身をじっくりヒアリングし、解決案を一緒に探ります。そんな時、当社の社長がよく口にする「お客様のご期待の一歩先を行く」を思い浮かべます。例えば、「エントランスに落ち葉が入って汚れているので掃除してほしい」とのご依頼でした。普通なら掃除して「終わりました」でしょう。ここで、ただ掃除するだけはなく、どうすれば落ち葉が入って来なくなるかを考え、改善策を検討していく。そして、エントランスが殺風景であれば花でも飾ってから帰る。声をかけていただいたことに感謝し、一歩先のお返しができるよう心掛けています。感動をお返しできる営業であることが願いです。

業務のイメージ写真

VALUE

「気づく力」を積み重ねて感動いただく

当社の管理は業界最安値、とは言えません。それなのに管理を他社から当社に切り替えてくださるのは、当社独自のサービスに納得いただけるからだと思います。まず営業として管理される方の声にしっかり耳を傾けます。「24時間365日」体制でご相談を受け付ける「あなぶきコールセンター」も強みの一つ。さらに駐車場や修繕、保険などグループ会社としての総合力もあります。当社に届くお客様の声は毎月、社長以下の経営陣を含めた対策会議でチェックを欠かしません。だからこそ、スピーディーに解決案をお出しできるわけです。
現場の私たちに求められるのは「気づく力」だと思います。建物や設備の知識はあとからでも身に付けられます。毎日お付き合いする中で、「困っています」の声かけよりも先に「お困りではありませんか?」と気づく事が、営業マンとしての感性、センスだと思います。お客様の満足や感謝を一歩進めて「感動」にできるよう、努力を積み重ねていきたいと思います。

業務のイメージ写真

MIND

常にチャレンジ精神を持ち続ける当社の将来に期待

当社は常に時代の先を見越しながら、チャレンジを続けている会社だと思います。管理サービス業で内容を充実させようとするのは当然ですが、台湾などアジアへの進出計画や、介護分野にも目を向けています。働いている私が、この会社を「すごい」と思ってしまいます。「住」の領域には高い品質のサービスを求められる分野が、まだまだあると思います。さらに保険など、領域を超えた部分はグループ会社全体でサポートしてゆこうとしています。これから成長しようとする私の将来を託せる会社だと思います。

今後のビジョン

風通し、という点では上層部の方々と触れあう機会が多い会社です。キックオフや懇親会では社長や役員の方々と同席することもあります。チャレンジ精神のある当社なので、将来に向けて楽しい話が聞けたりします。やはり、揺るぎない自信、といったものを感じますね。私も内外に広く視野を広げて、私なりの夢が話せるようになりたいですね。

みなさんへメッセージ

不動産業は間口が広く、当社の場合はサービス業的な要素が多いですね。多くの人たちと接してご要望を聞き、提案に頭をひねる。経験、未経験はあまり関係なく、新卒の人たちにはうってつけだと思います。研修制度が整っており、自分にあった業種も見極められます。就職活動では業種別にイメージを持ってしまわれる方が多いですが、できるだけ多くの情報を得ながら、ご自身が進む方向を決めてください。

その他の社員インタビュー

新卒向け社員インタビュー

ページトップへ戻る